顔の産毛の毛穴はあまり関係ない?

顔の産毛の毛穴はあまり関係ない?

顔の産毛の毛穴はあまり関係ない?

 

顔の産毛を剃ったり抜いたりしても毛穴の数には全然関係がありません。毛穴が目立ってきたら、それは毛穴が広がっているか、傷ついているか、汚れが詰まっているか、顔の産毛の毛根が色白で透けて見えているという理由が考えられます。

 

だから、顔の産毛を剃ったり、抜いたり、レーザーや光で永久脱毛したからといって、毛穴が増えたというのはありません。毛穴が目立ってきたというのはあるかもしれませんね。

 

「顔の産毛が気になり、カミソリで剃り続けてきたけど、毛穴がどんどん目立ってきてしまった。これって毛穴が増えているの?」と心配する女性もいるかも知れませんね。

 

実際の所、上記の様に悩む女性は多く、顔のレーザー脱毛やエステでの脱毛に通う人も少なくありません。顔の脱毛、特にレーザー脱毛や永久脱毛に関しては、一生毛が生えてこないようにする為、「毛穴自体がなくなる」と認識している人も多いようです。

 

でも、顔の毛穴はなくなりません。毛穴の中にある毛根が破壊するだけなのです。

 

だから、毛が生えてこなくなったり、毛が生えてくる周期が遅くなったりして、完了すると本当に毛が生えてこなくなります。脱毛は日焼けしていたり、色素沈着していたり部分には、火傷の恐れがある為、施術出来ないと言われています。

 

では、毛穴の黒ずみも脱毛が出来ないのではないか?と考えてしまいますよね・・・。では実際はどうでしょうか?

 

基本的には、色素沈着や日焼けというよりは、ホクロや小さなシミにレーザーが反応して、火傷状態になることがあるそうです。

 

だから、毛穴の中に黒ずみがあるのは、産毛の残りか、毛根なので、そこにレーザーが反応して永久脱毛してくれるのは、思い通りです。

 

それよりは、毛穴につまった汚れが酸化して黒く固まっていたら面倒になりますよね。

 

まずは、それを綺麗にしないと、レーザー脱毛は難しいと言う医療脱毛クリニックもあるそうです。

 

いずれにしても、顔の産毛と毛穴の数は関係ないのと、毛穴は開いていると、皮膚がたるんで見えますので、老け顔になります。

 

逆に、引き締まっていると、ほとんど目立たなくて、毛穴がないように見え、とてもきれいな肌に見えるのです。

 

レーザー脱毛をして産毛をなくしてしまっても毛穴は関係なく残りますので、しっかりとピーリングやマスクなどで、毛穴の汚れは取り除いていかなければいけません。

 

もう1つは、毛穴から毛根がなくなると肌は皮脂を分泌する可能性がありますので、脂っぽいなと思ったら、にきびに要注意です。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?