肌のコンディション、季節でも影響

肌のコンディション、季節でも影響

ファンデのノリが悪いと感じるときは大抵前日に飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまっていてお肌が荒れてしまっている時です。

 

そんな時はお肌が乾燥してしまったり毛穴が開いてしまったりしているので、いくら質の良いファンデーションを塗ってもノリが悪くてのっぺりした印象になってしまいます。結局馬はファンデーションの質ではなくて基本的なお肌のコンディションが整っていないと良いファンデーションを使ってもあまり意味がないなぁと言うふうに感じます。

 

また寝不足だったりする時もファンデーションのノリが悪いと感じますこれもやはりお肌の質に関することなのではないかと思います。その他には暑かったり寒かったり気温が極端だったりすると特にお肌部のダメージが大きくてファンデーションのノリが悪くなると感じます。

 

夏が暑すぎてしかも湿度が高すぎてはファンデーションを載せても汗でつるつるっと滑ってしまうような感じがします。それと変わって冬はお肌がカサカサと乾燥しているのでいくら載せてもこの服ような感じになってしまいます。

 

また冬場はファンデーション自体も硬くなってしまっているので人肌で温めるまでにかなり時間がかかり、時間がない時にそのまま肌にファンデーションを乗せてしまうとノリが悪くなってしまう気がします。

 

 

体調が悪いと、化粧は大変ですよね。

粉感がパサパサしたように感じたり、肌にサラサラとくっ付かず、取れていく感覚ですよね。

 

体調が悪いと、全くできないですよね。ストレスがあると、むしろしない方が健康には良いと思いましたよ。素肌でも毛穴や肌の呼吸には、やはりストレスがないのが一番良いので、無理してするよりは、しないで様子を見る方が健全だと思いました。全部取りたいですもんね。

 

かつてした化粧とかを、って感じですもんね。一応場に合わせてやっていたんですが、別に必要がないとも思ってはいましたし、やらなくても顔なんて印象とかがどうのこうのって何なんだろうっていう感じには思いますからね。その場にいるのが終われば、別にやる必要もなくなるわけですし、そこは化粧をすべき場だったんだなと薄っすら思いますからね。

 

化粧なんてしなくても良いのに、成人に近くなるとやってみ出したりして、体験はした感じですよね。そこから必要ないですからね。好きでもないわけですし、後々肌の呼吸を取り戻すみたいに肌質の改善すらしていきますからね。

 

ファンデーションの粉っぽさは、落とし切りたいわけですから、残っている感じがしたら、気持ち悪いわけですよ。楽しくても、場所に合わせても、別に必要ないとか言われるところの方が、正しいわけですからね。

関連ページ

ニキビと産毛がノリの悪さの原因だった
ファンデのノリの悪さで悩んでいる方の体験談などを載せています。ファンデのノリの悪さで悩んでいる方はご覧ください。
ファンデーションのノリとスキンケア。切っても切れない関係。
ファンデのノリの悪さで悩んでいる方の体験談などを載せています。ファンデのノリの悪さで悩んでいる方はご覧ください。
歳のせいじゃない?!ファンデのノリの悪さ
ファンデのノリの悪さで悩んでいる方の体験談などを載せています。ファンデのノリの悪さで悩んでいる方はご覧ください。