自分なりの方法で鼻の下の産毛への対策を

自分なりの方法で鼻の下の産毛への対策を

実は、うちの女房が昔はたまにちょっとひげが生えていました。ひげではなく鼻の下の産毛なのですが、男性からすると「ひげ」なのです。

 

どのくらいのペースでお手入れをしていたのかはわかりませんが、たまにひげ状態になっている時期もありました。もともとちょっと体毛が濃いほうなのか、腕の毛もフワッとしているときもありました。もちろんボーボーではないのですが、私が男にしては体毛が薄いほうなので女性の体毛にはちょっと抵抗があります。

 

直接的には彼女に行ったことはないのですが、おそらくなんとなくは私の違和感を気付いたのだと思います。数年前からは生やしっぱなしの時がなくなりました。

 

女性は大変だと思います。もちろん男性でも体毛が濃すぎるとちょっと手入れはしたほうがいいのかもしれませんが、女性では鼻の下の産毛でもずぼらな女とみられてしまいますから、面倒でも手入れはしたほうがいいです。

 

肌の弱い人なら剃刀負けなどのリスクもあるので、自分にあった手入れをネットでも探してみて、手入れの機械や、スキンケアクリームや、いろいろと併用するとかの自分なりの方法をみつけるといいと思います。

 

自分でも女の子ひげ(鼻の下の産毛)があるのが良いと思っている人はいないはずです。ただ面倒であるとか肌が弱いとかの理由だと思います。ちょっと調べてみていくつかトライアルしてみて自分のやり方を決めてしまって習慣化すればきっと周りの目も違います。周りの目を気にしない人はどうぞご自由にですけど。気になりますよね?

 

 

鼻の下の産毛をよくよく処理すること

どうしても美容的にはムダ毛というのはよくないものになります。鼻の下の産毛というのは、まずは処理をするべきでしょう。鼻の下の産毛はまずは剃ることです。剃ることにはまずは剃刀を使うことになりす。これはそんなに難しいことではないです。

 

それはよいのですがさすがに気をつけることがあります。具体的にいいますとそれは肌の負担がかかる、ということです。剃刀というのは肌の角質も削ってしまうことがあるからです。そこをよく知っておいたほうがよいでしょう。

 

ですから、しっかりとしたシェービングクリームなどを使う、ということにしましょう。そうすることによって、上手く肌の負担を軽減させることができるようになるでしょう。これはまず素晴らしいことであるといえるのは確かでしょう。

 

或いは電気シェーバーなどを用いる、ということも決して悪いことではないです。しかし、あまりにも男性的であることから嫌がる女性も多いです。しかし、家で使うわけですから、基本的には気にしないでよいでしょう。

 

自分のためになることですから、しっかりとよい物を購入するようにしましょう。上手くすればとても綺麗にすることができます。色素沈着なども防ぐことができるのです。

 

関連ページ

鼻の下の産毛としてはどんなことを
女性の鼻の下の産毛について体験談などを載せています。鼻の下の産毛で悩んでいる方はご覧ください。
鼻の下の産毛は剃刀で処理しましょう
女性の産毛対策について説明しています。顔の産毛で悩んでいる方はご覧ください。